EVOLGは、「日本から世界に発信するグローブブランド」をコンセプトに掲げ2010年に誕生しました。

ブランド名も日本語からインスパイアーされております。 幼少のころ、手袋を逆から読む言葉遊び「ロクぶて」にちなみ、GLOVE(グローブ)の逆読み「EVOLG」(エヴォログ)と名付けられました。

定番のニット製品は、企画・製造・梱包の全工程を日本国内で行っております。また、縫製手袋においては、国内縫製工場の衰退やコスト面などの問題で中国生産となりますが、細かな仕様や材料などは日本より工場へ投入し生産をしております。

毎シーズン楽しさと機能性をテーマに快適で遊び心あふれる商品を開発し、日本製・日本企画だからできる着け心地や素材感は、国内だけではなく世界中のユーザーから高評価をいただいております。

その高いデザイン性とファッション性でスマートフォン手袋の火付け役と誕生してから、いまや雑貨、ファッション、アウトドア、ライフスタイル、 スポーツなどのあらゆるマーケットで成長を遂げている数少ないグローブブランドとなりました。

現在、EVOLGはニューヨーク、ロンドン、台湾、香港、ベルギー、イタリアなど世界13カ国で販売され、日本を代表するグローブブランドとして日々成長し続けております。

The EVOLG project was originally conceived in 2008. After various research and development, sampling, and quality tests, it finally came to debut in 2010.

Our mission is to present what we consider as Japanese quality. That is, a top-of-the-rank usability and functionality, coupled with colourful design and surprise. Each of our products is made in Japan and with fun names coming from Japanese word play.

All the EVOLG knitted-gloves are produced and packaged in Japan using the finest materials that we carefully pick in order to assure the comfort for our users.

Each one is made in a Japanese factory with more than 65 years of experience and knitting techniques.




EVOLGは、グローブのみを多品種展開している数少ないブランドです。 そして、最大の特徴はデザイン性と機能を持ち合わせた指先にあります。

指先の導電糸はEVOLGが独自に開発した導電糸を使用しています。 イオン化した酸化銅とチタンを特殊な紡糸方法で混ぜ込むことで、今まで以上に細かな画面操作性が可能になり、金属アレルギーの方も心配なく使用することができます。

最近では、同等仕様の海外製品などが市場に出ておりますが、指先の動作不良や金属アレルギー、薬品臭などのクレーム事例も出ていると聞いておりますが、
EVOLGでは2010年のブランド立ち上げ時より試験機関において堅牢度や摩擦耐久試験、ホルムアルデヒドなどの検査を行っております。

レザーを使用したモデルでは、特許申請中の新しい技術を取込んだことで、従来必要となっていた指先部分の導電パーツによる切り返しや刺繍等が無く、通常の革手袋と同じ外見となっております。

また、特許取得のSlide-Tecは、タッチペンの様に指先が使えるので、小さなアプリボタンや細かな文字入力が可能な操作性を持ち合わせており、どんなシーンでもお使いいただけます。